レイキとは

レイキとは

レイキ(霊気)とは、宇宙エネルギーを意味する、江戸時代以前からある言葉です。

中国では気、ハワイではマナ、インドではプラーナと呼ばれていますので、この呼び方なら知っている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私たちを含む宇宙の万物は、レイキによって生み出され、生かされていると考えられています。

レイキは私たちの周りに自然に満ちていて、私たちが持っている自己免疫力や治癒力は、レイキによって支えられています。そのため、レイキをしっかりと取り入れて流すことができていれば、私たちは心も身体も健やかな状態でいることができるのです。

私たちが日常的に使う言葉、元気、病気、気を落とす、気分、といった言葉に「気」の文字が入っている通り、昔から目には見えないけれどもエネルギーとして「気」は存在していると考えられてきました。

レイキが身体に満ちると、本来持っている自己免疫力が高められ、さまざまな病気を改善し、精神面でも穏やかになります。

肉体的な疲労、精神的な疲労、ストレスがあると、気が滞り、病気として身体に現れます。病気は気が滞った所に集まるのです。

また、マイナスの気(波動)はマイナスのことを引き寄せるとも言われています。

レイキのことを知っている、知っていないに限らず、私たちの身体にレイキは常に流れているのです。

 

レイキヒーリング(レイキ療法)とは

レイキヒーリング(レイキ療法)は、手を当てて行う療法で、江戸時代以前からあった言われています。

昔の人は、手から気が出ていることを知っていました。これは私たちも本能的に知っていて、頭が痛いときに手を頭に当てたり、お腹が痛いときはお腹に手を当てたりしますよね?本能的に私たちは手からエネルギー(気)が出ていて、痛みを和らげることができることを知っているのです。

手当をする、という言葉からもそのことが表されています。

レイキヒーリングは気功とは全く異なり、施術する側が気を作り出して相手に送るのではなく、本来流れている気を施術される側へ、パイプ役として送ることで気の流れを良くし、その方が本来持っている自己治癒力を上げていく療法です。

1920年代に臼井甕男氏が「臼井式霊気療法」と名付けて誰でもレイキが使えるような仕組みを作り上げました。その後戦争のために臼井式レイキは自然消滅的なこととになりますが、その間、海外で臼井式レイキの技術が伝えられていきました。1980年代に再び日本に逆輸入の形で戻ってきて今に至ります。そのため、臼井式レイキでも日本式と西洋式の2種類がありますが、リコベルではどちらの方式も取り入れています。

レイキは、免疫系、自律神経系、ホルモン系の機能を調整し、身体だけではなく心(精神・感情)にも作用しますので、気分が前向きになったり、不安が解消されたり、クヨクヨすることがなくなったりして心が穏やかになる効果もあります。心も身体も癒してくれるのがレイキです。

日本では欧米ほどレイキに関しては知られてはいませんが、アメリカではハーバード大学の関連病院の医師、看護師、関係者はレイキ療法の資格を取得する人たちが多く、手術の回復を早める効果に使うお医者様も大勢いらっしゃいます。

アメリカやイギリスにある医療系の大学では、レイキ療法の授業を多く見つけることができ、さらにイギリスではレイキ療法が健康保険に適用されるほど認められています。

 

リコベルで行うレイキ

臼井式レイキのアチューメント(レイキの回路を開くレイキ伝授)を受けていますので、臼井式のレイキ(日本式・西洋式の両方)を使ったトリートメントになります。

アロマリンパドレナージュでは、私の手から出るレイキをそのまま使ってマッサージしていきますので、じんわり温かくて心地よいマッサージの感覚を得ることができます。気の流れを良くしながらの施術ですので、心と身体のどちらにも効果的です。

ご希望の場合、施術の最初の5分間、頭や首に手を当て、気の通りを良くする施術を行います。レイキを当てて気の通りを良くすることで、マッサージの相乗効果が比べ物にならないほど大きいためです。ご希望の有無は最初にお聞きします。

レイキのみのメニューの場合、お洋服の上からレイキを当てる施術となりますので、お着替えは不要です。

レイキは目に見えませんから、このようなものを信じられないという方も当然いらっしゃると思います。レイキは頑なに信じない人には効果がありませんので(気の通りが塞がってしまうため)、その場合には気の通りを良くする最初の施術は行いませんのでご安心くださいませ。

全トリートメントメニュー一覧へ